タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たるきぃとなの徒然なる日々



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

我が家が「ウルルの森の物語」生野大滋の家です

2009.12.31(22:52) 25

「たるきぃとな」繁盛の為、当分の間、トップに来るよう設定してあります(笑)


20090703225802
制作発表が済んだので、オフィシャルです。


やっと喋れた~!!


お喋りおばちゃんな私、ダメとあれば喋りませんが…苦しかった~!!(笑)


今日は我が家の奥の草原シーンと、日没後に「たるきぃとな」本屋外観を使い撮影しました。


船越さん、大滝さん、松永さん(だったかな?)と、沙羅ちゃんと貴明クン、そして小鹿とウルル。


80人位の俳優さんスタッフさん達と車20台位。


朝9時頃から夜10時位までかかりました。


お疲れ様です~


数日中に森のシーンを撮りに来るらしいですが

今回の来道ロケでの、我が家の分は終わり。


大騒ぎで楽しいのもお終いです。


デジカメで沢山撮った撮影風景をCDに焼きました。

スライドショーで再生して、我が家の変貌ぶりを楽しめて、良い記念になりました。

ブログからは直接ホームページに行けないらしいので、こちらからどうぞ

http://talkeetna.web.fc2.com/
スポンサーサイト

たるきぃとなの徒然なる日々



タイトル画像

上映が始まりました!!

2009.12.21(10:42) 69

20091221104447
「ウルルと出会った、あの夏の日って、いつの事?」と言う位、遠い昔

マイナス20℃、23℃、23℃と真冬日に見舞われた「たるきぃとな」です。


すっぽり雪の布団に包まれてます。


上映が始まり、賛否両論。

「リアリティ」…ある意味、有るわけない、メルヘンだもん。
この辺りの狼は毒餌で、大昔に駆除されてます。

その上今時、子供を取り巻く環境は目を覆いたくなるほど酷い。

あんまり酷いから
「こんな風に温かさを肌で感じて育って欲しい」って作品。

大人的視点からしたら
「有り得ね~話」でしょう。

幸せって、どこか似通ってて、不幸はバラエティーに富んでいて、他人ごとならそれはそれは面白い。

だけど、バラエティーに富んだ不幸を観たい、目新しい不幸な映像を観たいって、えげつなくない?


大切な人と観て欲しいと思います。

たるきぃとなの徒然なる日々



タイトル画像

口は災いの元

2009.12.09(07:33) 68

たるきぃとなの二階、元は長女と長男の部屋でした。
屋根の勾配の下にそれぞれのベッドを置き、中央を棚で仕切って使っていました。

この部屋を作る時、親父が私に言いました。
「部屋のドア、どんなのが良い?」

実は二階のドア部分は高さが通常よりも若干低く、普通の男の人だと頭をぶつけます。
当然、既製品は使えない。
なのでこんな問い掛けに至った訳です。

そうとなれば私、張り切って紙に絵を描きます。
自信作のデザインを持って親父の所へ・・・。
「これが良い!!」

紙を見た親父、暫しの沈黙の後、
「別のデザインにしないか?」
即答で
「いや、これが良い」

渋々その紙を元にドアを作り始めた親父。
要は面倒臭かっただけなんですよ。
上半分に嵌め殺しの硝子板を付け、それが窓に見えるように木の棒で十字に区切る。
下半分は板をクロスさせ、何とも可愛いドアが出来上がりました。
(一度切り方が悪くて硝子が割れたので再度硝子を嵌め直しましたが)

お陰様でドアのデザインは友達に好評でした。
出入りの度に男子陣からは文句を言われましたがそれは親父の所為であって私の知らぬ所。
(私の背ならぶつからない高さなのでお構いなし)

一度言った事には責任を持ちましょう。
それが嫌なら、端から口にしない事、と言う教訓のお話でした。


たるきぃとなの徒然なる日々



2009年12月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 我が家が「ウルルの森の物語」生野大滋の家です(12/31)
  3. 上映が始まりました!!(12/21)
  4. 口は災いの元(12/09)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。